昆虫映像集/ガイコツ山の仲間達

植物写真集/ 四季の野草

海外の自然

「野草JP」サイトポリシー


 ●「野草JP」にUPしている動画や静止画は「仲間の部屋」やそのほかの一部を除いてオリジナルなものです。画面中にCopy禁止の表示が

   ないものは、学校の授業や研究発表など教育目的の範囲でCopy-freeです。ご自由にご利用下さい。

 ●動画はYoutube にUPしたものを再生する形式です。教育用、非営利の設定にしていますが、YoutubeのサイトではYoutubeの仕様によっ

   て、動画表示枠外に外部商業サイトのタグが表示されることがありますことをご寛容下さい。

 ●昆虫や植物の種・属名はできるだけ丁寧に調べた結果を記載していますが、恥ずかしながら誤りが沢山あることをご容赦。

   誤りのご指摘、または自ら気が付き次第修正して行きます。

 ※Youtube動画に対してコメントをいただくことがありますが、チェックするのは月1回か精々2回程度。反応・対応が遅いまたは対応する気が

   起らないこともあることをご容赦。(yasou.jpはPCでの閲覧を対象に作成しています(当方は携帯端末を持っていません)。yasou.jpの動画

   へ頂戴するコメントの多くは、PCでご視聴いただければ説明済みの事柄がほとんど。PCでご視聴くださいとしか言いようがない。)

 ●昆虫、植物の取材は所沢市にわずかに残された雑木林・ガイコツ山(北中の森=平地里山)を中心に行っています。種・属名に誤りがある

   ことを前提にご覧ください。

  (各サブメニューに表示する種名のスペースが薄青のものはガイコツ山で撮影したもの、または、存在を確認したものです)

 ●「野草JP」は、人や自然を愛する心を大切にすることをメッセージとしています。あくまでプライベートなサイトです。


 ※2017年8月追記:これまで「ガイコツ山」というどちらかというと抽象的な地名で昆虫や野草の生育・撮影場所を不透明にするように心がけ

   てきた。が、最近それら撮影地周辺の雑木林が大規模に伐採されつつあるなか、死滅させられる側からのメッセージを形にするために

   は、もう少し場所を明らかにした方が訴える力が増すのかと浅慮した。それがyoutubeにUPした動画のタイトルに「ガイコツ山」+「北中の

   森」を加えた根拠である。

   「北中の森」「武蔵野の緑」を守る活動をされている方々の領分を侵す意図は更々ないが、そういった組織や団体におもねる気もさらさら

   ない。「礼儀や礼節を弁える賢さ」がないのがこのサイトの個性。


 「野草JP/yasou.jp」連絡先

   〒359-1101 所沢市北中3-49-38 宮入 邦男

         e-Mail    miyairi0@gmail.com  

仕事部屋

Design

所沢の片隅にある通称ガイコツ山/北中の森、そのささやかな自然の中に生きる昆虫達を中心に映像と写真で紹介します。上は芦ヶ久保で撮影したベニシジミ(2019.04.03)。昆虫→「チョウ、ガ、ハチ」に収録

ガイコツ山/北中の森を中心に国内各地で撮影した季節ごとの野草を写真と一部映像で紹介します。上は県民の森のヒナスミレ(New)。植物→スミレ特集。またはNew 2019,4月19日メニューから

海外で撮影した自然の記録。上はイギリス南西部の原野・ダートムーアにある茅葺き屋根の家(2008.08.17 Photo by prof H,Takahashi)。2008年イギリスの自然、風景→エクセターに収録。

デザイン素材集(旧マテリアル)の一部の外部リンクは一時中止。拡大表示は別の工夫をしてみます。上はベンケイソウの寄せ植えのアレンジ。Design Top →「植物」に収録

最近撮影した昆虫や植物などを紹介します。上は久しぶりに行くことができた県民の森のミヤマエンレイソウ(白花エンレイソウ)。New2019、4月19日県民の森メニューから。

動物の部屋

自宅及びガイコツ山/北中の森で見られる野生や、国内取材で出会った動物たち。上は航空公園のコガモ(2019.04.11)。animal Topからコガモへ

2008年10月初めに我が家にやってきた3匹のねこ。上の写真から「新ねこ物語TOP」→11歳のページへ。

新ねこ物語

New 

仲間の部屋

いろいろな交流相手の部屋。

緑の葉書は友人・蕗野氏の書道展の案内状。上の写真から仲間の部屋Top→展覧会案内へ

野草JP

  ※この仕事部屋とは直接関係ない。

上はラオス外務省発行の海外メディア取材許可証(2007.08 Photo by Mr,クアントーン)。このパスの発給を受けると同時に、取材が滞りなく進捗するよう全行程ラオス外務省情報局員が随行する。