パフィオペディルム/Paphiopedilum

ラン科 パフィオペディラム属 多年草

 ◆2017.06.13〜 パフィオ(黒)の開花

パフィオ黒01_170613自宅

( Youtube動画再生  01’19)

パフィオ黒02_170613自宅

( Youtube動画再生  01’11)

 ◆2017.07.27(2) パフィオ(黒)植え替え

パフィオ(黒)は株が大きく、また株元がしっかりしているので無理に株分けすることに躊躇いがあったので、2周り大きい素焼き蜂に植え替えることにした。根をきれいに水洗いした後、1/3ほど軽石を敷いた上にミズゴケを薄く敷き、その上に根を開くようにミズゴケを抱かせて鉢に据え、その上から根を覆うように、また株がぐらつかないようにミズゴケを軽く詰め完了。落ち着くまで強い日差しには当てない。

 ◆2018.05.26 自宅

パフィオ(黒)に今年の花芽が2本伸びてきた。ラオスの2鉢にはまだ動きは見えない。枯れなかっただけもOKなのだが。

 ◆2018.06.14 自宅
 ◆2018.06.21 自宅
 ◆2018.07.05 自宅
 ◆2018.07.09 自宅
 ◆2019.01.27 自宅 3鉢とも風呂場の特等席で冬越し
 ◆2019.05.15 自宅 花芽が1つ見えた
 ◆2019.05.24 自宅 2つ目の花芽
 ◆2019.06.17 自宅

黒いパフィオは6/17段階では花芽が2本あったが、6月後半の九州旅行から帰ってきたときには1本は枯れていた。

 ◆2019.07.13 自宅 /黒いパフィオ
 ◆2019.08.21 自宅 /黒いパフィオ 花後&葉焼け
 ◆2019.10.27 自宅 /黒いパフィオ
 ◆201910.27 自宅 /黒いパフィオ 株分け

ラオスのパフィオを植え替えたついでに黒いパフィオも植え替えようと、鉢から取り出して古い水苔を洗っていたら、一昨年の植え替え時には一つに固まっていた株がバラバラに5株に別れた。こうなったら5鉢に植え替えるしかない。右上は鉢底石がなかったのでヘゴで代用。その上に大粒の赤玉土。微塵を水洗いした上に1cmくらい水苔。その上に水苔で包んだ株を置き、更に水苔を補填した。

1

3

1鉢が5鉢。ねずみ算の上を行く増え方?。タマシダ、シナノキシノブと合わせて、また貰い手を探さなくては。

 ◆2020.04.15 自宅/黒いパフィオ 日照慣らし
 ◆2020.06.02 自宅/黒いパフィオ
 ◆2021.06.05 自宅/黒いパフィオ 蕾
 ◆2021.06.21 自宅/黒いパフィオ 蕾
 ◆2021.07.01 自宅/黒いパフィオ 蕾
 ◆2021.11.19 自宅/黒いパフィオ