北部タイの自然 9 (2015年02月20日〜03月12日)

チェンライ市内と 白カレン族の村 ホエヒンラートナイ村及びパユヤム村

 2015年2月GONGOVA 2015 の研修に同行し、研修参加者の活動や生活、村人の生活やそれを取り囲む自然を取材させていただいた。ホエヒンラートナイ村(パガニョー語でメラーキ村)は7回目の滞在、パユヤム村(パガニョー語ではパレーキ村)は2014年2月に続いて2回目の訪問であるが、今回、防火・飲料用貯水タンク建設で8日間HHLから通った。パユヤム村は尾根筋にある入り口から 歩数にして1400歩弱。 一気に村まで1km下り、帰りはそれを登り返すという地形。これまでの経験から、どんな傾斜のあるところでも3回目辺りからは身体が順応して楽になると甘く考えていたが、歳のせいなのか一向に順応が進まず、苦痛が増すばかり。それも足腰もだが、折からの乾季+近隣の部族の焼き畑(山焼き)の煙のせいか、喉を痛めて咳が止まらなくなってしまった。なにしろ、仰向けになって寝れない。気道を伸ばすと咳込んでしまう。前立腺の治療中で、医者から処方をしてもらった薬で小康を得ていたのだが、斯様な喉の痛みで夜何度も目を覚まし、トイレに行く状態に戻ってしまった。3月に入ってからは山の木々が開花を始め、それらの花粉にも影響を受けているのかと、花粉症の心配もしたが、日本に帰国して3日目で喉の痛み・咳からは解放され、花粉症でもないのを確認した。膝や肘の痛みは慢性化して来たようだ。

毎度毎度のことで芸がないのだが、GONGOVA代表・川嶋辰彦先生、GONGOVA現地駐在の研究者・富田育磨氏のご理解とご配慮の賜物と心得、深く感謝・お礼申し上げる次第です。


 このサイトでは、HHL(ホエヒンラートナイ村)及びパユヤム村そしてほんの少しチェンライ市内の自然を中心にまとめています。一部GONGOVA HPなどの記録と重複するものがありますが、こちらはあくまで個人的なサイトであり、GONGOVAのオフィシャルサイトではありません。


 下段の写真に「GONGOVA HP」/GONGOVAオフィシャルサイトへのリンクを貼っておりますので是非「GONGOVA HP」を参照ください。

(2012年、GONGOVAは Grassroots Overseas NGO Volunteer Activity Programme,[GONGOVA] と一部名称が変わっています)

(2014年からGONGOVAの日本語表記は「NPO法人 草の根国際協力研修プログラム」となっています)

昆虫/動物 Menuへ  

植物 Menuへ

村の点景 Menuへ

GONGOVA HP へは上の画像をクリックしてください。