ノコギリカミキリ

2004.07.01 ぐんま昆虫の森

2009.07.18 ガイコツ山

2004.07.01 ぐんま昆虫の森での撮影は栗林さんと一緒の時。2009.07.18のガイコツ山の撮影は知り合いの先生がお子さんに昆虫採集をさせたいと我が家に来られるに際し、その2週間程前からガイコツ山のいくつかのクヌギの木の幹に餌を仕掛け虫が集まるよう準備し、いよいよその前日(17日)の夜、最後の仕上げにバナナをオレンジジュースと日本酒に3日程漬込んだものを持ってそれまでに仕掛けた餌場を回っている時に見つけ一旦自宅に持ち帰り、当日撮影した。

ガイコツ山でノコギリカミキリを見つけたのは初めてだったので、大変うれしかったのとガイコツ山の奥深さを再確認した次第。バナナのトラップには2ヶ所にカブトムシが来ていて、知り合いのお子さんに面目を果たせた。

Prionus insularis insularis Motschulsky,1857

2012.07.02 ガイコツ山

 ◆2012.07.02 ガイコツ山

カミキリムシ科 ノコギリカミキリ亜科 ノコギリカミキリ族 ノコギリカミキリ

ノコギリカミキリ01/2012.07.02 ガイコツ山 

( Youtube動画再生  00’44)

ノコギリカミキリ02/2009.07.18 ガイコツ山

( Youtube動画再生  01’23)

 ◆2013.06.23 向陽中学校南の雑木林

2013.06.23 向陽中学校の南に面した、風前の灯の雑木林。用事があって新所沢の駅に向かう途中、いつも片目で見ながら通り過ぎる雑木林の大きなクヌギの幹に黒い虫を見つけた。すぐにノコギリカミキリとわかったが、このまま通り過ぎるか撮影するか瞬時迷った。何よりも打ち合わせに行く用事があるのと、近づくためには柵をくぐらないとならないこと、更に枯れ木が数本横たわっていて足場が不安定なことなどなど。ここにUPする写真があるということはそれにもめげず撮影したということ。夢中になって撮影していたのだが、ふと気がつくと手や顔、首など肌が露出しているところ蚊だらけ。慌てて払いのけたが後の祭り。すぐに木の側から離れて駅に向かったのだが、掻いたところがぼこぼこと膨れ上がり、そして秒刻みで痒みが増幅してきた。駅前の薬屋に飛び込んで痒み止めを買い、その場で封を切って刺されたところに塗りたくってある程度痒みが収まるまで駅前のベンチに座っていた。

この写真を見ているとその時の痒さがぶり返す。