ヨコヅナサシガメ Agriosphodrus dohrni

2003.06.21 飯能

2004.07.05 ガイコツ山

2004.07.05 ガイコツ山

動画はガイコツ山で撮影したもの。春先に2齢幼虫や3齢幼虫のコロニーを見つけ、そこを観察し続け、成虫に脱皮するところまで記録した。これはその脱皮後、脚が固まって、ようやく歩き始めたところである。この赤い色は数時間で黒くなってしまう。ガイコツ山にはこの他に、キバラヘリカメムシ、ノコギリカメムシ、シマサシガメ、オオトビサシガメ、アカスジキンカメムシなど結構種類が多い。2006年秋にはウシカメムシも撮影した。

2003.06.21 飯能

2012.06.18 吾野

2012.06.18 吾野

2012.06.30 県民の森

ヨコヅナサシガメ02 / 2006.05.04 ガイコツ山

( Youtube動画再生  02’28)

ヨコスナサシガメ01 / 2004.05.09 ガイコツ山

( Youtube動画再生  04’34)

カメムシ亜目 サシガメ科

 ◆2017.04.27 ガイコツ山

ヨコヅナサシガメ03_170427ガイコツ

( Youtube動画再生  02’15)

久しぶりにガイコツ山に行き、長年親しんだ観察地が大きな墓地に変貌しているのを横目にしながら、かつての樹液酒場を回っていたところ、その一つにヨコヅナサシガメのコロニーとなっていた。ここに写っているのは成虫になる一つ手前の終齢幼虫。

 ◆2017.05.19 吾野

ヨコヅナサシガメ04_170519吾野

( Youtube動画再生  00’53)

ヨコヅナサシガメ05_170519吾野

( Youtube動画再生  02’35)

 ◆2019.06.03 ガイコツ山

ヨコヅナサシガメ06_190603_ガイコツ山

( Youtube動画再生  02’55)

 ◆2019.09.02 ガイコツ山

ヨコズナサシガメ07幼虫_190902_ガイコツ山

( Youtube動画再生  01’04)

 ◆2019.09.04 ガイコツ山

ヨコズナサシガメ08 幼虫_190904_ガイコツ山

( Youtube動画再生  01’25)

ヨコズナサシガメ09 幼虫_190904_ガイコツ山

( Youtube動画再生  01’13)

左の動画(08)は、まだ完全に脱皮しきれていない幼虫。途中で手ブレを抑えるためカメラを三脚に据えたり、バッテリーを交換したりしたため脱皮をうまく捉えきれていない。映像そのものは10分以上尺があるものを早送りで短縮している。

右の動画(09)は脱皮は果たしているが動きがまだぎこちない状態。にも関わらず、同じ仲間・兄弟同士でありながら結構攻撃的な姿が写っている。

 ◆2019.10.06 ガイコツ山

9月2日から観察しているコロニー。上の9月4日に撮影した齢とほぼ同じ位の幼虫が1ヶ月後に同じコロニーで見られた。上とは別の兄弟たちなのかもしれない。