キバラヘリカメムシ/Plinachtus bicoloripes

成虫になってもすぐにはコロニーから離れず、後を見守っている。

成虫

齢の異なる幼虫が寄り集まっているのはほかのカメムシでも見られるが、キバラヘリカメの幼虫の体色は色彩が明るいので、見る側の気持ちを明るくなごませる。と感じるのは自分だけか---

終齢幼虫

ガイコツ山の農家の近くにはマユミの木がいくつか植えられていて、その花の頃、実がなる頃の2つの季節にこのキバラヘリカメムシのコロニーが見られる。おもちゃのような幼虫の姿も可愛いし、先に成長したものが後のものを守っているような姿もほのぼのとした共感を与えてくれる。成虫の意匠も結構お気に入り。

 ◆2012.06.30 県民の森

カメムシ目 ヘリカメムシ科 

キバラヘリカメムシ01/2012.06.30 県民の森

( Youtube動画再生  00’26)

キバラヘリカメムシ02/2003.10.01 ガイコツ山

( Youtube動画再生  01’31)

 ◆2013.07.21 ガイコツ山

キバラヘリカメムシ03

( Youtube動画再生  01’16)

2013.07.21 ガイコツ山

キバラヘリカメムシ04

( Youtube動画再生  01’03)

2013.07.21 ガイコツ山

上は、成虫になって間もない個体。徐々に翅が黒くなっていく。

 ◆2017.08.21 ガイコツ山

キバラヘリカメムシ05_170821ガイコツ山

( Youtube動画再生  00’43)

 ◆2019.05.26 ガイコツ山
 ◆2019.08.24 ガイコツ山