北部タイの自然 10 (2015年7月23日〜8月18日)

チェンマイ市内と 白カレン族の村 ホエヒンラートナイ村及びパユヤム村

 2015年8月GONGOVA 2015X-PG の研修を間に挟んで7月23日〜8月19日まで4週間、研修参加者、村人の生活やそれを取り囲む自然を取材させていただいた。ホエヒンラートナイ村(パガニョー語でメラーキ村)は8回目の滞在、パユヤム村(パガニョー語ではパレーキ村)も3回目の訪問となった。これまでHHLに入るには成田→バンコク→チェンライ経由であったが、タイ国際航空の路線変更に伴い、羽田→バンコク→チェンマイ経由と変更になった。今回はチェンライ市内及びウィアンパーパオでの瀧本真己さんのコンサート取材があって、チェンライ市内の自然にも触れる機会があり、今後いつ再訪できるかわからないという背景もあり短時間、デジカメのみの撮影であったがホテル周辺のフィールドを歩き回ることができた。この記録は「市内の野草」に整理している。

毎度毎度のことで芸がないのだが、GONGOVA代表・川嶋辰彦先生、GONGOVA現地駐在の研究者・富田育磨氏のご理解とご配慮の賜物と心得、深く感謝・お礼申し上げる次第です。


 このサイトでは、HHL(ホエヒンラートナイ村)及びパユヤム村そしてほんの少しチェンライ市内の映像・画像で構成しています。一部GONGOVA HPなどの記録と重複するものがありますが、こちらはあくまで個人的なサイトであり、GONGOVAのオフィシャルサイトではありません。


 下段の写真に「GONGOVA HP」/GONGOVAオフィシャルサイトへのリンクを貼っておりますので是非「GONGOVA HP」を参照ください。

(2012年、GONGOVAは Grassroots Overseas NGO Volunteer Activity Programme,[GONGOVA] と一部名称が変わっています)

(2014年からGONGOVAの日本語表記は「NPO法人 草の根国際協力研修プログラム」となっています)

昆虫/動物 Menuへ  

植物 Menuへ

村の点景 Menuへ

GONGOVA HP へは上の画像をクリックしてください。