ニリンソウ/Anemone flaccida

2002.04.13 東京都五日市三ツ沢 この春野草の先の方でイチリンソウの撮影地などについて触れているがニリンソウはイチリンソウより少し早く開花し始める。最近は園芸用としても栽培され、我が家の近くの庭でも時々見かけるようになった。最下段の写真は春に行われる市議会議員選挙の投票所に行く途中の農家の庭先のニリンソウ。選挙に行くのかこの花の撮影に行くのか自分でもわからないが、春の選挙のときはニリンソウ、秋の選挙のときは投票所のすぐ脇の道端のニラのはなとそれに群がるチョウの仲間の撮影のためにビデオカメラを担いで行く。

2007.04.08 西富小学校そばの農家の庭のニリンソウ。ガイコツ山で自生しているのは見たことはないが、農家の庭先にはたくさん見ることができる。

キンポウゲ科 イチリンソウ属 多年草  やや湿った林床

 ◆2002.04.13 東京都五日市三ツ沢
 ◆2007.04.08 西富小学校近く
 ◆2011.05.13 長野県鬼無里

ニリンソウ01_2003_有倉山

( Youtube動画再生  00’41)

ニリンソウ02_2003_十日町

( Youtube動画再生  00’46)

 ◆2017.05.03 正丸

ニリンソウ03_170503正丸

( Youtube動画再生  01’50)

 ◆2018.04.04 正丸
 ◆2018.06.06 苫前 3輪の多い ニリンソウ
 ◆2000.04.16 三ツ沢
 ◆2000.05.13 三ツ沢
 ◆2003.04.13 東京都五日市三ツ沢
 ◆2019.04.03 芦ヶ久保
 ◆2019.04.25 西富小近く
 ◆2020.03.25 芦ヶ久保 咲いていたのは1輪だけ