ヒトリシズカ/Chloranthus japonicus

 ◆2006.05.06 芦ケ久保県民の森

センリョウ科 センリョウ属 多年草  林床

 ヒトリシズカという名前の奥ゆかしさから昔からなじみ深い花。とはいいながら江東区に生えているわけはなく、花屋の鉢植えで見たことがあるという程度。自分で初めてこの花の自生に出会ったのは左下の横瀬の杉に覆われた山の中。少し育ちすぎて30cmにもなっていたがそれでもうれしかった。県民の森のヒトリシズカは展望台の下のトンネルを通り過ぎてすぐの左手の斜面にたくさん見られる。正丸峠駅を下った沢の深部でも観察したことがあり、秩父には結構多いようだ。 

2000.04.22 横瀬 

2006.05.06 芦ケ久保県民の森

 ◆2010.05.08 さいたまふれあいの森
 ◆2012.04.12 向陽中近くの個人宅

ヒトリシズカ01_2010_秩父

( Youtube動画再生  00’40)

ヒトリシズカ02_2010_秩父

( Youtube動画再生  00’29)

 ◆2019.04.11 向陽中近くの個人宅
 ◆2019.04.19 県民の森

ヒトリシズカ03_190419_県民の森

( Youtube動画再生  00’40)

カタクリとツーショット

エイザンスミレとツーショット

 ◆2020.04.03 ガイコツ山

ガイコツ山のヒトリシズカ。これまで見ていてもカメラを向けることはなかった。根拠のない推測でしかないが、外部から持ち込まれたものが定着したような気配。多かれ少なかれ日本の自然の縮図のようなもの。今回は、エイザンスミレが在来か持ち込まれたものは別にして、ガイコツ山に定着しているのを確認した後なので、ヒトリシズカも無視する必要もないと撮影したもの。コロナ・ウィルス騒ぎのお陰で遠出の欲が少し冷まされ、その分ガイコツ山で間に合わせようとしている?のがこの写真。

昨年(2019年)、昔のフィールド・アスレチック跡近くで次ページのフタリシズカを見つけて撮影した。

 ◆2020.04.30 ガイコツ山 花後
 ◆2020.05.10 ガイコツ山 花後2