ツマムラサキマダラEuploea mulciber.

2015.02 タイ、HHL : HHLにはマダラチョウの仲間がたくさん見られるが、このツマムラサキマダラは今回初めて記録できた種のようだ。マダラチョウの仲間ではヒメアサギマダラは村に来る度に撮影しているので、あまりカメラを向ける意欲が沸き立たなくなっているが、リュウキュウムラサキなどツマムラサキの仲間は翅を開いた時の青紫の色帯がきれいなので、うまく撮影できたためしがないが、それ故に余計むきになって追いかけてしまう対象だ。

 今回はなんとか翅を閉じた姿は捉えられたようだが、色帯は定着できなかった。

 イシガケチョウに記しているが、このチョウとの出会いのキッカケも、昨年(2014年)夏のチビイシガケチョウからつながっているようだ。

 ◆2010.06.12 ぐんま昆虫の森・昆虫観察館 生態温室の亜熱帯のチョウたち(3)

チョウ目 タテハチョウ科 マダラチョウ亜科

ツマムラサキ01_100612 / ぐんま昆虫の森

( Youtube動画再生  01’00)

 ◆上段は2010.06.12 ぐんま昆虫の森、2015.02 タイ、HHLの記録以降は下段に追記
 ◆2015.02 タイ、HHL/チェンライ 白カレン族の村

ツマムラサキマダラ01_1502HHL

( Youtube動画再生  01’29)

ツマムラサキマダラ02_1502HHL

( Youtube動画再生  01’23)

※海外の自然サイトからジャンプして来た場合には、ブラウザーの戻るボタン ◀ ▷ で戻って下さい。

 ◆2015.08 タイ、HHL/チェンライ 白カレン族の村

ツマムラサキマダラ03_1508HHL

( Youtube動画再生  01’00)

ツマムラサキマダラ04_1508HHL

( Youtube動画再生  00’37)