ナガサキアゲハ/ Papilio memnon Linnae

 ◆2015.05.20 吾野/国内で初めての出会い

2015.05.20 帰宅して資料を見るまでこれがナガサキアゲハとはわからなかった。HHLで撮影した時は一瞬たりとも静止することなく花から花へ飛び回っていて、尾部の赤い紋だけしか印象になく、上肢の付け根の赤いアクセントは初めて目にしたものだし、昨年のモンキアゲハ(前ページ)同様、日本で、それも飯能のすぐ先の地で出会うとは考えられもしなかったので、資料の方の同定に疑問を持つ程であった。

 それにしても、このアゲハが飛翔することなく不安定な紅葉の葉にしがみついているには理由がある筈で、他のチョウに見られるような尾部を持ち上げていないが、これが交尾を待つ姿勢なのか。であれば、このアゲハの交尾の相手がいることになるのだろう。

自然の環境がこのアゲハの生態域を拡張させたのか、人為的に拡散されたのか疑問も生じる。

チョウ目 アゲハチョウ科 アゲハチョウ属

 ◆参考資料

2014.08 タイ HHL/チェンライ ナガサキアゲハ

ナガサキアゲハ05_150520吾野

( Youtube動画再生  00’59)

ナガサキアゲハ06_150520吾野

( Youtube動画再生  00’48)

 ◆2019.08.21 まさか自宅で