アオスジアゲハ/Graphium sarpedon

2003.07.26 ??

アオスジアゲハはガイコツ山でも良く見られるチョウであるが、なにしろ一所に留まることなく飛び回るのでなかなか撮影が難しく、まともな記録が残せない。ネット上にUPされたプロの人達の画像を見ると、その1カットを得るのにどのくらい辛抱強くシャッターチャンスを待っていたのか、また、どのような機材や技術を駆使して得られたものであるのか聞きたくなる。カメラの性能が良くなり撮影の技術そのものは簡便化しているといいながら、何かその人毎の隠し持ったコツとかテクがあるようだ。

チョウ目 アゲハチョウ科 アオスジアゲハ属

 ◆参考資料

2010.08 タイ HHL/チェンライ キロンタイマイ

2010.08 タイ HHL/チェンライ アオスジアゲハ

アオスジアゲハ01_050522 / ガイコツ山

( Youtube動画再生  00’45)

アオスジアゲハ02_060910 / ガイコツ山

( Youtube動画再生  00’14)

 ◆2016.09.08 川越

アオスジアゲハ03_160909川越

( Youtube動画再生  00’25)

 ◆2018.07.04 正丸

アオスジアゲハ04_180704_正丸

( Youtube動画再生  01’39)

 ◆2019.06.27 別府

アオスジアゲハ04_190627_別府

( Youtube動画再生  00’43)

別府温泉の地獄めぐりの最初のポイント海地獄。入口を入ってすぐにアオスジアゲハが出迎えてくれた。地中から吹き出す蒸気に含まれるミネラルは彼らにとって重要な糧。それが簡単に得られるところにいるからなのだろうか、こんなに大人しいアオスジアゲハは見たことがない。